愛車にスピーカーを載せました

ボクは数か月フロント、カー器機ランチタイムで車載用のスピーカーを購入しました。それまで、私のマイカーは何も無いオーディオレスの進度でしたが、お盆や新春など、高速道路を走行中にラジオで運送報告を聴きたいと以前から考えており、ラジオを聴けるようにするためにスピーカーを載せることにしました。ラジオを受信するためのCDデッキは1机余っていた結果、それを使うことにしました。ボクは車内の内張りや電装心配りの配線に関する精通がたまたま、また、多少なりともプライスを抑えたかったので、マイカーのDIYが得意なダディーにセットアップをお願いしました。最初にAピラーやインストルメントパネルなどの内張りを、けがをつけないようにウエスで覆ったときの弱点乗員を使って丁寧にはがし、メーターなどを外しました。購入したスピーカーは高い音質と低音質を別々のスピーカーで鳴らすセパレートパターンの結果、複雑なクロスオーバー知り合いやツィーターの配線が必要で、大掛かりなプロセスとなりました。断然大きい音を鳴らすツィーターという中味は、針金を使用してダッシュボード室内にケーブルを配線するプロセスがある結果何とも辛く、こういう知り合いとツィーターに関してはみんなダディーに作業してもらいました。その間、ボクは酷い音を鳴らすウーファーという中味の置き場を役割しました。シャッターの内張りをはがしてから、シャッターミラーの切り口コーディネートや窓の開閉に必要な配線のカプラーを外して、ウーファーを取り付けました。こちらは既存の配線を単に貸与できる結果、たいして容易に作業することができました。ツィーターやウーファーなど全ての中味のコネクトが終わったところで、配線失敗などがないかを確認する結果、エンジンを始動してラジオを流してみました。すると、4つのスピーカーから正確に音質が出た結果、CDデッキやメーターを固定してから内張りを元に戻し、全てのプロセスが完了しました。本日、セットアップには3タイミングかかった上記、苦しいプロセスはみんなダディーに任せてしまいましたが、安く済ませることができ、無事にラジオが聴けるようになったので良かったです。フィット買取価格を調べてみる