私の憧れの自動車 トヨタ2000GT

こちらが乗りたいと思う憧れの車はトヨタ2000GTです。
2000GTはトヨタとヤマハ発動機がコラボレーション発達を行い、1967歳~1970歳まで販売されていたスポーツカーです。
当時のトヨタには様子隊長となる本格的なスポーツカーが位置付けせず、輸出や競合などでも通用する演技を持った車として発達が計画していたのですが、その際に日産とハイテクスポーツカーの発達を進めていたヤマハが日産傍らの要因で発達中止となったことから、トヨタを新スポーツカー発達のパートナーとしてアプローチしてきたこともあり、トヨタ発達達4名称とヤマハにて発達が進められて完成した車となっています。
そのため、スポーツカー用のハイテクエンジンやハイソサエティーGTカーに望ましい高級感あるインテリアは、ヤマハ発動機の力や日本楽器の木工力が使われています。

リリース当時の2000GTの販売価格は238万円と、トヨタのハイソサエティー車であるクラウン2テーブル・市民車のカローラに至っては6テーブル購入出来るほどに巨額車で、現代の現金感覚では1500万~2000万円という高嶺の花な存在した。しかし、実に2000GTを生産する面倒とお金を考えると損となっており、2000GTはトヨタの走る広告塔となっていました。
その為、処理数量は3歳3ヶ月でわずか337テーブルとなっていて、風変わり収穫の高さから日本車における絶版車内で代表となる人気車種で非常に高額で売買されています。

日本の本格的なスポーツカーの開山とも呼べる位置付けであり、流れるような可愛い身体曲線を持つ2000GTの握りを1度は握ってみたいと思います。車内のタバコ臭がくさいんです